ガジェット忘備録

オンボードカメラ・ガジェットの好きな、やんまが見つけた面白アイテム情報をストック&共有するためのブログです。 私が好きそうなモノの情報があったら教えてください!

2012 DRIFT HD CAMERA ヘルメットカメラ HD170進化版

新品価格
¥39,800から
(2012/3/18 23:57時点)

Contour 【日本仕様正規品(日本語マニュアル付)】Contour フルHD ウェアラブルビデオカメラ #1519

新品価格
¥52,000から
(2012/3/19 00:11時点)

GoPro(ゴープロ) HD HERO2 Motorsports Edition ゴープロ ハイディフィニション ヒーロー2 モータースポーツ エディション CHDMH-002

新品価格
¥31,498から
(2012/3/19 00:15時点)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
携帯が1週間で2台壊れました。

Xperia→Arrows→REGZAPHONE
となりましたが、もっさり具合に発狂しそうです。

さて。オンボードカメラと言えば、GOPRO、CONTOUR、そしてDRIFTです。

drift-hd-ghost-hero.jpg

DRIFTが新型のオンボード・ウェアラブルカメラを出しました。
筐体はDRIFT HDをアップデートした模様。
リモコンが少し変わってますね。どうやら、リモコン側のLEDでカメラの状況を
教えてくれるようです。

以前よりもボタン配置が考えられていて、マウントした状態でも操作がし易そうですね。
気になるスペックは

3m防水
リモコン
170度広角FULLHD
399ドル
2インチカラー液晶
256mbの内蔵ストレージ
1700mAの大容量バッテリー
ホルダーを各種同根

といった感じで、正直なところ購買意欲を刺激される
イカレタ・イカシタ機能は無いかなぁ


手振れ補正の威力を知ってしまった私には少し物足りないところもあります。
なお、今モデルからios/android対応となり、携帯からも操作が可能になる
模様です。

では、動画をどうぞ。
スポンサーサイト
ども。
久しぶりの更新です。
実はアメリカから輸入していたHDR-AS15が手に入りました。
輸入だ何だとしている間に、日本でも発売決定しちゃって、手に入れたのは
ほぼ、日本発売と同時です(笑)

使ってみて、気になる点・良かった点を箇条書きにしてみます。

良い点
1.超軽量・超小さい
2.画質がいい
3.詳細な設定を、GoPROよりも分かりやすく行える
4.標準でのリモートコントロール対応
5.防水性能
6.安い

気になった点
1.後部ハッチのロックが無い。横にスライドさせたらいつでも開放
 =ケースが無いと危険。使えない
2.上記問題によりせっかく本体が小さくとも、ケースに入れて使用する前提となり、
 せっかくの小さい筐体をスポイルする
3.ホワイトバランスの追従性が悪い
4.リモコンがスマホ等を使用するため、ハードな使用、簡便な使用が出来ない。
 GoPROはリモコンが専用のため、すごく分かりやすく、ハードに使える。
5.本体が安っぽい

といったところでしょうか?まぁ他にも色んなサイトが比較をしてるでしょうから、
私にしか出来ない比較をしてみたいと思います。
比較動画を作ってみたので、よろしければごらんになってください。
どうも。テザリングで検索する人が増えたんですかね。
アクセス数が増えたみたいです。

とりあえず二つ方法はのっけたので、続報です。

現在のところ、以前公開した二つの方法とも、テザリング料金をとられることはありません。
LTEでテザリング無料な方は、もちろん、私みたいにパケホだけの人でもテザリングで
NEXUS7を楽しめますよ。

ただ、キャリアがいつ請求を始めてもおかしくないので、通信費は定期的に
確認するようにしてくださいね。
ども。
日本のキャリアからは販売されないASUS PADFONEを待ちかねてます。

そんな中、新たに同様のコンセプトの製品が発表されました。

NexPhoneというそうです。

携帯を頭脳に、サブパーツとの組み合わせでタブレット、ラップトップ、デスクトップ
として機能するようデザインされています。
nexdesktop_R.jpg

nexlaptop_R.jpg

nextab_R.jpg





まだ、コンセプト段階で出資者を募集しているようですが、興味のある方は10000$
暗い出資してみたらどうでしょうか?

ちなみに、タブレットモード・ラップトップモードは激しくダサいですね。

NexPhone from NexPhone on Vimeo.

ども。
最近新しいカメラの発表が続き、購入予算が続かないことを嘆いています。

さて、(私の考える)3大ウェアラブルカムの一つ、Contourシリーズに
新しいモデルが追加されるそうです。

contour+2-1.jpg

モデルの名前はContour+2です。
これいじょう無いくらいわかりやすい名前ですね。

最近は日本の代理店の発表も早くなりましたが、詳細が記載されていなかったので、
調べた限りの情報を皆さんのご紹介します。

まず、画角・レンズローテーション・GPS・ライブストリーミングは、前モデル、
Contour+を踏襲するようです。
(=FULL HD時の画角は恐らく125°で最新モデルの中では劣る)

センサーについては5MPで他には特に記載が無いため、マイナーチェンジくらいでしょう。

そのほか、録画時間・デタッチャブルバッテリー搭載など、基本スペックは変化なし

Contour+に対する変化点としては
1.撮影モードの追加(秒間120/100F、60/50Fのスローモーションモード・スチルの間隔追加)
2.三脚穴の追加(ContourRoam相当)
3.インスタントオン・レコードスイッチ採用(上部スライドスイッチがメインスイッチ兼用)
4.防水ケース同梱
5.価格の低下(499$→399$ 防水ケースを考慮すると120$もの廉売)

contour+2-2.jpg
contour+2-4.jpg

contour+2-3.jpg

といったところです。
イメージ的にはContour+とContourRoamを足して、2で割ったような感じですね。

価格も安くなっているので、Contour+でライブストリーミングをしてみたかった人などには
良いのではないでしょうか。

ただ、果たして、積極的に選ぶだけの性能があると言えるでしょうか?

私自身、ContourHD、GPS、Roamを購入し、Contourのスタイリング・コンセプトは大好きですが、
GoPro、Sonyの新型モデルに対してのアドバンテージが感じられません。
価格で言えば、GoPro Hero2のほうが安いし、画角も選べる。(かっこ悪いけど)
使いやすいリモコンキットを含めても同じくらいの値段です。

Sonyはまだ出てないのですが、価格は安く、同じようにWifiで操作可能。
画角も広く(FullHDは不明ですが)、レンズもいい。
そして、手振れ補正がついている。(私はこの一点だけでプレオーダーしました)

となると、GPSを持っている私としては、積極的に追加購入をするだけの訴求力は無い。
と判断いたします。

願わくば、私の予想を覆すだけの性能を見せ付けてくれんことを。


 | Copyright © ガジェット忘備録 All rights reserved. |  Next

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。