2012年07月

オンボードカメラ・ガジェットの好きな、やんまが見つけた面白アイテム情報をストック&共有するためのブログです。 私が好きそうなモノの情報があったら教えてください!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども。
皆さんのNexus7は快調ですか?

私のはRootも取得し、快調です。

が、少しだけ問題がありました。

以前の記事で、bluetooth接続によるテザリング手法を紹介しましたが、
実は問題がありました。

1.インターネット未接続と判断され、各種サービスが利用できない。

  具体的にはMAPでのナビ機能の非活動化、音声検索・GoogleNOWの
  サービス利用不可。PLAYでのアプリダウンロード不可など、様々です。

2.通信速度がやはり遅い
 所詮、bluetoothと言うことでしょうか。サクサクの挙動をスポイルしてしまいます。

ちなみに、bluetooth接続でGoogleNOWを利用しようとすると、こうなります。
ts00_R.jpg

さすがにこいつは残念です。

と言うことで、いろいろ試していたらWifiでも繋げたので、やり方をメモっときます。

使用端末 Nexus7
     DoCoMo So-01-B

まず、スマホ側にMobile APと言うアプリをインストールしましょう。
そしたら、そいつを起動します。画面だと、右下のアプリになります。
ts01.jpeg

起動したら、「ポータブルWifiアクセスポイント」と言うチェックボックスがあるので、
チェックします。
ちなみに、SO-01Cと表示されていますが、気のせいです。
ts02.jpeg

はい。有効になりました。
ts04.jpeg

次にNexus7の設定画面で、Wifiを探すと…
ありました。
ts05_R.jpg

電波強度は問題なしです。
ts06_R.jpg

はい。つながったー。
コレでインターネット接続されているとちゃんと認識されます。
なお、二段目に表示されているGoFlex Satelliteも、なかなか面白いアイテムなので、
そのうち紹介します。
ts07_R.jpg

ちゃんと音声検索も出来ますよ。
ts08_R.jpg

ちなみに、通信速度はおよそ5倍になりました。
ts09_R.jpg

と、言うことで。
電池の消耗が心配なときはbluetooth。
そんなの気にしなーい。って時はWifiで運用するといいのではないでしょうか?

ちなみに、このアプリを使っても追加料金が発生しないかはまだ分かりませんので、
自己責任でお願いします。
スポンサーサイト
ども。
今日は最近手に入れたSwivlというカメラ台について、ご紹介です。

かなり前に、ASCII.JPPC-WATCHengadget japanなどで紹介されていた、カメラ雲台、SWIVL。

最近手に入れていたので、ご紹介したいと思います。

swivl_01.jpeg

モノは上の写真みたいな感じです。
大きさは手のひらサイズってところで、電池駆動と言うところに好感が持てます。

swivl_02.jpg

写真の手に握られているのがマーカー。
こいつを追従するように動きます。
今までの電動雲台は単純な動きしかし無かった中、こいつはなかなか能動的に動いてくれます。

まぁごちゃごちゃ書いても魅力は分からないと思いますが、こいつが活躍するのは
1.スカイプ大好き。なリア充(私の独断と偏見です
2.友達はいないけど、新しい機械でハァハァしちゃう人(誰のことでしょうね
のいずれかだと思います。

まぁ仕事で使ったりも出来るかもしれないですねー。

なんかいい使い道を発見した人は教えてください。

ということで、実際に使った様子は見つけてきた動画などでご確認ください。

あ、ちなみに、MACガジェット研究所さんで、購入可能だそうですよ。







ども。
Necxus7手に入れましたか?
私は何とか手に入れました。ヌルサク快適です。

さて、Nexus7はWifiモデルしかないわけですが、私はWifiルーターなんか持っていません。
オマケに携帯は古い古い、Xperia So01Bなわけです。
バッテリーの持ちも悪く、オマケにテザリングはサポートされて無い携帯です。

ただ、やっぱり外でNexusを弄りたい!
と、言うわけでいろいろ試した結果、PDaNetというアプリを使用することで、Nexusを
テザリングすることに成功しましたので、そのやり方をメモっておきます。

まず、スマートフォンにPDaNetFOXfiを、
そして、タブレット側(Nexus7)にPDaNet Tablet
をインストールしてください。

で、まずは携帯側から設定していきます。

細かいところは突っ込まないでくださいね。
まず、一番下の行のPDaNetを起動します。
120724_001.jpeg

今回は、bluetoothで接続するので、二番目の"Bluetooth DUN Mode"を
クリックしてください。
ちなみに、"Wifi Hotspot Mode"はNexus7側からアクセスできませんでした。
PCでは見つかってたので、何か方法はあるかもしれませんが、消費電力から
考えても、bluetoothのほうが向いてると思います。
120724_002.jpeg

すると、なぜかFOXfiが起動する(インストールして無いと、要求されます)ので、
"Activate Bluetooth DUN"をチェックしてください。
120724_003.jpeg


つぎに、bluetoothを起動して待ち受けモードにしていいか聞かれるので、
「はい」を選択しましょう。
120724_004.jpeg

続いて、タブレット(Nexus7)側の設定を行います。
一番左列の真ん中くらい行にある「PdaNet Tablet」を起動してください。
120724_005.jpg

起動したら、上の「configure」をクリックし、設定を行います。
120724_006.jpg

どのようにつなぐかを選択します。
今回の場合、一番上の「ANDROID (Bluetooth)」を選択します。
120724_007.jpg

「FOXfiを探して来い」というメッセージの下に「タップしたらスキャンを開始するよ?」
って書いてあるので、タップします。
120724_008.jpg

携帯が見つかりました。SO-01Cと表示されているのは、改造ROMだからです。
ものはちゃんとSO-01Bです。
見つかったら、選択しましょう。
120724_009.jpg

はい。終了。
120724_010.jpg

YAHOOにもつながりました。
120724_011.jpg

実際の通信速度は1mbps程度がマックスのようですが、まぁ十分でしょう。
うちでは無線LANだし。
特に追加機器なしで外で使用できれば御の字です。

ということで、後はテザリングの料金を取られるかどうかが問題です。
分かったら、ご報告したいと思います。
ども。
また、心惹かれる商品を見つけてきました。

カメラ内蔵軽量ラジコン飛行機【SPYHAWK】です。
spyhawk_R.jpg

ARドローンのようにスマホでは操作できませんが、最初からリモコン本体に
画面があり、リアルタイムで映像を見ることが出来ます。

翼長84cm
全長62cm
総重量180g
の軽量なグライダーラジコンで、
先端のカメラで撮影が可能です。

spyhawk2_R.jpg

プロポは操作は一般的な4チャンネルに液晶が追加されたイメージ。
spyhawk3_R.jpg

スペックは

飛行可能時間:15~20分
カメラ性能:5MP(センサー性能。撮影可能サイズは不明)
操作可能距離:400m
翼長:84cm
全長:62cm

と言ったところでしょうか?

軽量で、スピードも出ないのでそれほど危険性はありませんし、
初心者向けに安定化飛行のモジュールも入っているそうです。


イギリスのガジェットショップ"RED5"で予約受付中ですよ。
お値段249.95EUROです。

Youtubeのリンクも張っておきますので、よければご覧ください。





 | Copyright © ガジェット忘備録 All rights reserved. | 

/ Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。